エプロンメモ

ご予約・お問合せはこちらから
 

料理教室について

主宰プロフィール

主宰・メイン講師
安田 由佳子(勢能)
Yukako Yasuda

東京都生まれ
大学卒業後、ジャパンフードコーディネータースクール入学・卒業
FFCC(フランス料理文化センター)卒業
北京料理をウー・ウェン先生、和菓子を金塚晴子先生に師事
大学時代よりケータリング会社「Party Design」勤務
現在、貝印株式会社にフードコーディネーターとして勤務する傍ら、
ケータリングユニットTont(トント)を立ち上げ活動中
2012年3月より、自宅にて料理教室「エプロンメモ」主宰

・ケータリングユニット Tont:http://www.petite-tont.com/
・エプロンメモ ブログ:http://ameblo.jp/biscuits1106/


小学生時代、朝ごはんの卵料理を作るところから始まり、中学生時代にはお菓子作りを。
また日々の中で、母や祖母を手伝いながら、ずっと家庭で料理を作ってきました。
家族が集ってワイワイと食卓を囲むのは私の原点、そして一番大切な場所です。
京都にて和食器店を営んでいた祖父の影響を受け、和食器を好み、茶道の他、
FFCCにてフランス料理を学び、北京料理をウー・ウェン先生、
和菓子を金塚晴子先生に師事し長く学んできました。
ライフワークとして、日本・世界各地を訪ね、現地の食文化を探求中です。

シチリア島CatanaにてArancinoに感動。
 

エプロンメモとは?

エプロンメモというお料理教室の名前は
大好きな御本から頂く事にしました。

「エプロンメモ」 暮らしの手帖社

この御本は、昭和29年9月発行から30年近く続いているコラムを、
四季毎にまとめられたものです。
家庭の中でのちょっとした思いつきや、工夫をメモにしたということで
つけられた名前だそうです。

たべもののこと、着るもののこと、住まいのことなどちょっとした
ヒントやアイディアで毎日の暮らしが少しでも便利にたのしく、
すてきになるようにという思いで、編集の方達が実際に見たり聞いたり、
経験された事が集められたものだそうです。

私はこの御本の言葉遣いや、花森安治さんの挿絵など全ての雰囲気がとても好きで、
読むと気持ちが落ち着いて、少しいい時間を過ごしたな、と嬉しくなります。

私も、そのような気持ちでお教室でのお話や、綴っていくブログを、一枚、一枚
メモを重ねるように続けていけたらと思います。

お教室にご参加下さった方、ブログを見てくださった方が、
御本の「エプロンメモ」を読んだときのように、
何かちょっとでもいい気持ちになってくださったら幸いです。

「エプロンメモ」編著:大橋芳子(暮らしの手帖社1984)